SSブログ

【西条昇の東京喜劇史コレクション】昭和14年の横浜宝塚劇場でのロッパ一座選抜軍の公演パンフ

2019-02-27T06:17:11.jpg2019-02-27T06:17:11.jpg手元にある、昭和14年(1939)2月の横浜宝塚劇場にロッパ・ガールズを含むロッパ一座 選抜軍が出演した際のプログラム。
選抜軍ということで、東宝古川緑波一座の緑波座長や幹部の渡邊篤、三益愛子らは出演せず、山野一郎、林寛、石田守衛、花井淳子らとロッパ・ガールズが出演。こうした形の公演は珍しかったのではないか。
第一部はロッパ・ガールズ総出演のプチ・ヴラエテイ「春のワルツ」十景、第二部が軍事読本「出征」一幕。
同時封切映画は「むかしの歌」と「忘られぬ瞳」であった。

nice!(0)  コメント(0) 

【西条昇メディア掲載情報】時事通信の全20回の連載コラム「浅草文芸散歩」が配信スタート

2019-02-26T20:12:16.jpg2019-02-26T20:12:16.jpg昨日は、全20回(毎週)にわたって時事通信社から全国各地の地方紙に配信される連載コラム「浅草文芸散歩」の1回めの配信日であり、2回めの原稿の締切日でした。
川端康成と浅草との関わりについて書くために、先週から「浅草紅団」をはじめとする川端の浅草物の小説や随筆の読み返し作業を。

nice!(3)  コメント(0) 

【西条昇の芸能史研究】昭和初期の松竹座のポスター

2019-02-26T18:43:27.jpg昭和初期の松竹座のポスター。
映画上映は、1928年にフォックスで製作されたF・W・ムルナウ監督の「四人の悪魔」と同じくフォックスの発声映画「サモアの花」。
それにしても「四人の悪魔」の文字デザインが斬新だな。とりわけ、これで〝四〟と読める人はなかなか居ないのでは?
実演は、ロシア小人島喜歌劇団による公演で、〈珍らしい世界最小人種の来演!〉との惹句が興味をそそる。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇の吉本演芸史コレクション】昭和13年の名古屋劇場でのミスワカナ・一郎出演の公演パンフ

2019-02-26T18:12:17.jpg手元にある、昭和13年の吉本直営の名古屋劇場のパンフ。
「ミスワカナ・一郎の漫才と兵隊」全九景。
〈わらわし隊のお芝居!〉〈体験で書いた現地 笑ひのレポドラマ!〉とあるように、ワカナ・一郎が昭和13年1月から「わらわし隊」の一員として中国戦線を慰問して回った経験を帰国後に芝居にまとめたものだ。
わらわし隊のメンバーで紅一点のワカナは、兵隊さんに大人気だったとか。
一郎を尻に敷くワカナのイラストも良いね。
僕は、昭和以降の女性芸人では、ミスワカナと美空ひばりが東西の両横綱だと考えている。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】昭和23年の松竹座での歌舞伎公演の筋書

2019-02-26T15:55:22.jpg2019-02-26T15:55:22.jpg手元にある、浅草・松竹座の昭和23年(1948)4月二の替わりの歌舞伎公演の筋書。
八代目・澤村訥子と十代目・嵐雛助の合同公演である。
「吉田御殿」「与話情浮名横櫛」「今様傾城道成寺」。
八代目・訥子は〈猛優〉七代目・訥子の娘婿となった人で、大正期には澤村傳次郎の名で浅草の観音劇場や公園劇場で活躍した。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇の喜劇史コレクション】昭和17年の北野劇場での東宝 榎本健一一座の公演パンフ

2019-02-26T12:23:55.jpg手元にある、昭和17年7月の大阪・北野劇場での東宝 榎本健一一座の公演プログラム。
特別出演は〈アノネノオッサン〉高勢実乗と大映の市川春代。
演目は、「オッサンの金色夜叉」、「マレーの虎(ハリマオ)」(作・演出 菊田一夫)、「武蔵坊弁慶」など。
大東亜戦封切ニュースも上映された。

nice!(0)  コメント(0) 

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】錦絵「浅草公園に意浮立かっぽれ節」

2019-02-24T22:43:29.jpg手元にある、錦絵「浅草公園に意浮立(こころうきたつ)かっぽれ節」。
明治19年(1886年)1月の新富座で演じられた「初霞空住吉(はつがすみそらもすみよし)」を豊原國周が描いたものだ。
初代・豊年斎梅坊主一座のかっぽれをはじめとする住吉踊りの人気を受けて、九代目・市川團十郎が梅坊主からかっぽれを習い、歌舞伎舞踊化。
浅草を舞台に、かっぽれ升坊主の團十郎と、かっぽれ島蔵の初代・市川左團次による掛け合いが人気を呼んだとか。
他に、かっぽれ海老八を八代目・市川海老蔵、かっぽれ鶴松を市川鶴蔵、かっぽれ高吉を市川小團次、芸者小むらを「田圃の太夫」こと沢村源之助が演じた。

nice!(4)  コメント(0) 

【西条昇の飯田橋激辛食べ歩き】ネパール料理店のサパナでほうれん草と鶏肉のカレーの30辛を

2019-02-24T22:26:35.jpg2019-02-24T22:26:35.jpg2019-02-24T22:26:35.jpg2019-02-24T22:26:35.jpg飯田橋の行きつけのネパール料理店「SAPANA」で、ほうれん草と鶏肉のカレー(サグ・チキン)の30辛にサフランライスと、ドライフルーツやココナッツが中に入ったオリジナル・ナンを。
今日は30辛で丁度良い感じ。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇の浅草オペラ史コレクション】大正期の帝劇歌劇部の舞台写真

2019-02-24T17:44:55.jpg手元にある、大正期の帝国劇場の2月公演第一「聨隊の娘」での清水金太郎と原信子の写真ページ。
帝劇歌劇部(のちの洋劇部)は大正元年に設立され、ローシーの指導を受けた清水や原らが大正5年の洋劇部解散後に浅草の劇場に進出したことから浅草オペラの大ブームが巻き起こっている。

nice!(0)  コメント(0) 

【西条昇の浅草ストリップ史研究】あやみ旬果さん出演の浅草ロック座の特別興行へ

2019-02-24T17:24:23.jpg2019-02-24T17:24:23.jpg2019-02-24T17:24:23.jpg昨日の夜は、セクシーアイドルのあやみ旬果さんが引退を前に最初で最後の浅草ロック座出演を実現させた特別興行「Dream on」を。
満員御礼状態で、女性客も多し。
赤西涼さん武藤つぐみさんも出演中。

nice!(0)  コメント(0)