So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【西条昇のお笑い史コレクション】昭和17年の帝都座演芸場と東宝笑和会のプログラム

2019-10-13T18:51:25.jpg2019-10-13T18:51:25.jpg手元にある、昭和17年(1942)11月上席の東宝演芸会社提供の帝都座演芸場と東宝笑和会のプログラムと帝都座演芸場の入場券。
〈銃後の健全娯楽は東宝の演芸から〉。
帝都座演芸場には、音曲漫才の十辺舎亀造・住江、指の音楽の田村大三指笛楽団、漫劇の波多野栄一一党の他に、音楽軽演劇の大宮登志夫とその一党が出演。
大宮登志夫は戦後に「デン助劇団」を率いて一世を風靡した大宮敏光(晩年に敏充と改名)の前名である。
帝都座演芸場は昭和22年1月に秦豊吉が構想した〝額縁ショウ〟を上演し、話題を呼んだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のお笑い史コレクション】コントトリオ「ギャグメッセンジャーズ」のサイン色紙2枚

2019-10-13T16:41:17.jpg2019-10-13T16:41:17.jpg手元にある、昭和40~50年代前半に活躍したコントトリオ「ギャグメッセンジャーズ」のサイン色紙2枚。
1枚めは昭和44年9月の物で、当時のメンバーはリーダーの須磨一露に田畑俊二と丘さと志。
この後、田畑が脱退し、町田陽介→成美信とメンバーが変遷。
2枚めは、トリオ解散寸前の物で、須磨の他は七重欽介となんばゆうと。
ギャグメッセンジャーズの前身「Aワンコミック」には須磨、田畑の他に萩本欽一が在籍していた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のストリップ史コレクション】吾妻京子の抗議文に対する伊吹まりの反論の生原稿

2019-10-07T18:46:51.jpg2019-10-07T18:46:51.jpg手元にある、昭和27年の三大スターの〝ストリップ廃業声明〟への吾妻京子の抗議文に対する伊吹まりの反論の生原稿「吾妻京子さんへの御返事」。
ストリッパーによるストリップ論争が巻きおこった経緯は前の投稿で触れた通りで、この二百字詰め6枚の文章は伊吹まり名義にはなっているが、日劇ミュージックホール運営委員の丸尾長顕の名前入り専用原稿用紙「長顕草稿」に書かれている。
〈私達はストリップそのものを軽蔑するのではありません。ストリップによって、低劣なワイセツ感をねらう舞台、その「低劣なワイセツ」を強いられる舞台を、忌避したのです〉〈私達は、ヌードによるエロティズムはねらいますが「ワイセツ」はねらいません〉。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のストリップ史コレクション】昭和27年のストリップ三大スターの廃業声明に対する吾妻京子の抗議文

2019-10-07T13:12:01.jpg2019-10-07T13:12:01.jpg手元にある、昭和27年のメリー松原、ヒロセ元美、伊吹まりの〝ストリップ廃業声明〟に対する吾妻京子の直筆の抗議文。
同年1月に東宝の小林一三社長が「有楽町からのハダカ追放」を宣言して日劇小劇場を閉鎖。3月に日劇ミュージックホールと改称してハダカなしで開場したものの客が入らず、再びハダカを登場させるにあたって、運営委員の丸尾長顕がメリー松原、ヒロセ元美、伊吹まりの三大スターに〈私たち三人は長らくストリッパーとして舞台に立って参りましたが、この度思うところがありまして、三人で話合いの上、所謂ストリップを廃業することになりました〉〈私たちは新しいヌード芸術に邁進し、これを高い芸術にまでエレベートしたい希望にもえています〉との声明を出させた。
これに対し、新宿セントラル劇場のスターであった吾妻京子が三人に〈自分の個性や技術がストリップティーズに適さないと思って転向するのなら別ですが、あの声明の為に真面目に勉強して居るストリッパー達が一層世の中から誤解される事を恐れます〉と反論した時の物だ。
この人気ストリッパーによるストリップ論争は当時の内外タイムスなどで大きく報じられた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】J-CASTニュースの記事にコメント掲載

J-CASTニュースの記事に私、西条昇のコメントが掲載され、Yahoo!ニュースでも配信されました。

「お笑い」と「差別」めぐる炎上は、なぜ相次ぐのか 識者に聞く背景と変化(J-CASTニュース) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000013-jct-ent
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のメディア連載情報】東京新聞の連載「笑う神拾う神 浅草編」第2回めが掲載

2019-09-25T07:15:32.jpg本日9/25(水)の東京新聞朝刊に、私、西条昇の連載「笑う神拾う神 浅草編」第二回めが掲載されました。
今回は世志凡太さんについて書いてます。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史研究】女子プロレスリングとオールヌードショウのポスター

2019-09-23T22:05:45.jpg手元にある、秩父劇場での豪華実演 女子プロレスリング裸の血戦とオールヌードショウーのポスター。
昭和40年代前半頃の物か。この頃まではストリップ劇場で女子プロレスが行われることも珍しくなかったのだ。
〈女子プロレスとエロストリップ!!〉〈汗ばむ裸か美 殴る!蹴る!たたきつける!〉〈女性も楽しめるお寝み前のおたのしみムード!!〉。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史研究】昭和30年の女子プロレスの記録映画「赤い激斗」のポスター

2019-09-23T20:07:54.jpg手元にある、昭和30年(1955)9月10日と11日に両国メモリアルホールで開催された「全日本女子プロレスリング王座決定トーナメント」の記録映画「赤い激斗」のポスター。
〈殴る!蹴る!股を裂く壮観!〉〈乙女レスラーの息づまる死斗!〉〈美貌レスラーの女豹が!反則だらけにあられもなき女体の大乱斗!!〉〈男子レスラーも顔まけの女子プロレスリングの決定版!!〉。
出演は日本女子プロレス協会、東洋女子プロレス協会、国際女子プロレス協会。
東洋女子プロレス協会とは、当時、浅草ロック座や浅草フランス座などを経営していた東洋興業が設立したもので、小畑千代はこの団体からデビューしている。
この時、猪狩定子&田山勝美組が小畑千代&伊藤静江組を破って日本女子ライト級タッグ王者となった。
どこかにフィルムが残ってないかなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草オペラ史研究】浅草オペラについてのシンポジウム終了後の懇親会へ

2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg2019-09-22T14:22:56.jpg民族藝術学会第89回東京例会「浅草オペラへのまなざし ―さまざまな文化を包摂する大正期芸能の再検証―」終了後は、司会の井上登喜子先生、発表者の山田小夜歌さん、中津川祥子さんと茗荷谷の「食堂&デリ tamaya」で懇親会を。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草オペラ史研究】民族藝術学会での浅草オペラについてのシンポジウム無事終了

2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg2019-09-22T14:07:32.jpg昨日、お茶の水女子大学国際交流留学生プラザ3階セミナー室で開催された民族藝術学会第89回東京例会「浅草オペラへのまなざし ―さまざまな文化を包摂する大正期芸能の再検証―」での、私、西条昇の基調講演「浅草オペラの成立と消滅後の展開」とデスカッションもお陰様で無事に終了しました。ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -