SSブログ

【西条昇メディア掲載情報】志村けんさんについてコメントした記事が中日新聞Webで配信

私、西条昇による志村けんさんについてのコメントが掲載された3月11日の東京新聞の記事が中日新聞Webで配信されました。

急逝1年 志村さん銅像ポーズ やっぱりアイ〜ン:中日新聞Web https://www.chunichi.co.jp/article/224642
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】「週刊読書人」に「明治の一発屋芸人たち」の書評を執筆

2021-03-31T10:39:21.jpg「週刊読書人」3月26日号に、私、西条昇による永嶺重敏著「明治の一発屋芸人たち 珍芸四天王と民衆世界」(勉誠出版)の書評が掲載されました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】週刊女性〈芸能プロ物語 吉本興業編〉にコメント掲載

2021-03-11T21:27:43.jpg2021-03-11T21:27:43.jpg「週刊女性」3/23日号の記事〈芸能プロ物語 吉本興業編〉で、吉本の歴史についての私、西条昇のコメントが掲載されました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】本日3/11(木)東京新聞朝刊の志村けんさんについての記事にコメント掲載

2021-03-11T08:56:16.jpg2021-03-11T08:56:16.jpg2021-03-11T08:56:16.jpg本日3/11(木)の東京新聞の朝刊の志村けんさんの地元の東村山市にアイ~ンのポーズの銅像が建つことを伝える記事に、私、西条昇のコメントが掲載されました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の上方喜劇史コレクション】曽我廼家十吾は〝とうご〟か〝じゅうご〟か

2021-02-19T13:05:02.jpg2021-02-19T13:05:02.jpg連続テレビ小説「おちょやん」に関連して…。
須賀廼家千之助のモデルである曽我廼家十吾の〝十吾〟を〝とうご〟とも〝じゅうご〟とも呼ぶ人がいるが、もともと〝とうご〟と読ませていたのを戦時中に〝銃後〟をモジッて〝じゅうご〟と読ませるようになったと言われている。
「少年銃後隊」を切狂言とした東京劇場での戦時色の強いイラスト入りチラシの連名の部分を見ると、十吾の横に〝ジュウゴ〟とフリガナがある。
他に、十吾の十八番であるお婆さん物「半島のお婆さん」など。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の上方喜劇史コレクション】「マットン婆さん」の元ネタ「アットン婆さん」と曽我廼家十吾

2021-02-19T07:26:18.jpg連続テレビ小説「おちょやん」に関連して…。
昨日の放送に鶴亀家庭劇(松竹家庭劇がモデル)の舞台で須賀廼家千之助がお婆さん役に扮した「マットン婆さん」を上演する場面があった。これは千之助のモデルである曽我廼家十吾が得意とした「アットン婆さん」が元になっている。他にも十吾は多くのお婆さん物の演目を上演し、松竹新喜劇退団後に旗揚げした第二次・松竹家庭劇のプログラムの表紙も十吾扮するお婆さんを描いたものが少なくない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇イベント情報】向島文化サロン講演会「永井荷風と浅草芸能」

2021-02-17T12:32:16.jpg私、西条昇は、来る4月18日(日)と5月16日(日)の午後2時〜3時30分に、東武博物館ホール(東武スカイツリーライン「東向島駅」下車)で開催される東武博物館主催の向島文化サロンにおいて「永井荷風と浅草芸能」と題した講演を行います。第一回「明治末の宮戸座から戦前・戦中のオペラ館まで」、第二回「戦後、再び浅草へ・・・ロック座とフランス座」。参加費無料。東武友の会HPの申し込みフォームより必要事項をご入力して、3月17日(水)までに送信してください。ご参加お待ちしています! お問い合わせ:東武友の会 TEL 047-425-7283

東武友の会 クレソンサークル https://www.tobu-tomonokai.co.jp/ikebukuro/salon/

以下、詳細です。

文豪・永井荷風と浅草六区は切っても切り離せない関係にあります。戦前はオペラ館、戦後は大都劇場、ロック座に日夜通って戯曲を提供。小説「踊子」「勲章」はオペラ館を題材にしたものです。荷風を虜にした浅草の芸能とはどんなものだったのか。代表作「濹東綺譚」の舞台となった旧・玉の井近くの東武博物館で、豊富な浅草芸能資料のコレクションを駆使しながら、荷風と浅草の関係に迫ります。
第一回「明治末の宮戸座から戦前・戦中のオペラ館まで」2021年4月18日(日)午後2時〜3時30分
荷風は、明治末に浅草公園裏の宮戸座の芝居に歌舞伎の本質を見出だし、小説「すみだ川」で宮戸座の光景を描いています。その後、しばらく浅草芸能と距離を置いていたものの、昭和12年から六区にあったレヴュー劇場のオペラ館に連日通いつめて、戯曲「葛飾情話」を提供。その楽屋通いは、空襲に備えて昭和19年3月にオペラ館が閉館するまで続きました。
第二回「戦後、再び浅草へ・・・ロック座とフランス座」2021年5月16日(日)午後2時〜3時30分
疎開から戻った荷風は、昭和23年から常盤座、大都劇場、ロック座などの六区の劇場に通い、踊り子や女優との交流を深めます。その頃の六区ではストリップが大流行し、ロック座に続いて昭和26年に開場したフランス座にも通いました。戦後から世を去るまで荷風が過ごした浅草での日々とは…。

場所:
東武博物館ホール
東武スカイツリーライン「東向島駅」下車
定員:
60名(応募多数の場合は抽選)
※政府・自治体の要請により、定員を変更する場合があります。
参加費:
無料
応募条件:
第1回・第2回の講演は2回1セットの応募
(個別の応募はできません)
主催:
東武博物館
応募方法:
申し込みフォームより必要事項をご入力して、送信してください。
締切:
2021年3月17日(水)
※当選者には約1週間を目途に、当選ハガキ(入場券)を発送させていただきます。
※落選の通知はございません。
お問合せ:
東武友の会 TEL. 047-425-7283

東武友の会 クレソンサークル

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の上方喜劇史コレクション】戦前の松竹経営による大阪の劇場と映画館

2021-02-16T15:22:52.jpg連続テレビ小説「おちょやん」に関連して…。
戦時中の松竹家庭劇(鶴亀家庭劇のモデル)のプログラムに掲載された〈松竹(鶴亀株式会社のモデル)経営代表的 大阪の劇場 及 映画館の偉容〉。
道頓堀だけでも中座、浪花座、角座、辨天座、松竹座、朝日座があり、洋風建築の松竹座以外の五座はいかにも芝居小屋といった雰囲気。
その他にも大阪・歌舞伎座、大阪劇場、四ツ橋・文楽座、大阪ニュースハウスなど。
昭和初期までの道頓堀には岡安や福富のような芝居茶屋が複数存在したのだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ジャニーズ百科事典というサイトに西条昇の項目を発見

ジャニーズ百科事典というサイトに私、西条昇の項目を発見。
これ、Wikipediaの僕の項目より、よっぽど詳しく調べられているね…。
https://jpedia.jakou.com/saijo.html
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

日本映画専門チャンネルで「悪名幟」を

昨日は日本映画専門チャンネルで録画しておいた悪名シリーズの10作目「悪名幟」(1965)を。
勝新太郎、田宮二郎に加え、水谷良重、ミヤコ蝶々、内田朝雄、佐藤慶、ちょっとだけ出るミスワカサ。
宝塚新芸座時代のライバルであったミヤコ蝶々とミスワカサが同じ画面の中で共演している。
にしても、良重さん可愛いな。

悪名幟|日本映画・邦画を見るなら日本映画専門チャンネル https://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh00000182_0001.html
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog