SSブログ

【西条昇の浅草オペラ史コレクション】大正6年の喜歌劇「ヘッベレケー」の譜面本 [浅草オペラ]

手元にある、大正6年(1917)6月発行の喜歌劇「ヘッベレケー」の譜面本。
佐々紅華が「ティぺラリー」(ティッペラリー)を「ヘッベレケー」とモジッて、独自の詞をつけている。
佐々紅華はこの年の10月に浅草・日本館で石井漠らと東京歌劇座を旗揚げし、「カフェーの夜」を上演している。20180724_075945.jpg20180724_080000.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。