SSブログ

【西条昇のポップス史研究】レスリー・グレースによるロネッツのカヴァー「BE MY BABY」 [ポップス]

1995年にNYブロンクスで生まれ、ドミニカ人の両親を持つ〈プリンセス・オブ・バチャータ〉レスリー・グレースによるロネッツの「BE MY BABY」のラテン版カヴァー、凄く良いねえ。
MVも良い出来で、見ていると踊りたくなる。
シュレルズの「Will You Still Love Me Tomorrow」 のカヴァーも良かったな。
https://youtu.be/WcUgA5-UN20
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。