SSブログ

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」勝木プロダクションのページ [キャバレー]

2018-12-05T15:25:46.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の勝木プロダクションのページ。
タレントは歌・踊り・リンボーショウのエアトール・デュオ、ソロダンサーの和田まり、奈々景子。
当時、TVでリンボーダンスの企画を見る機会がやたら多かった気がするな。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」カキザキプロのページ [キャバレー]

2018-12-05T09:10:43.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号のカキザキプロのページ。
タレントの肩書きを見てみると、ラテンアダジオパッケージ、16㎜ムービ異色デュエット、唄と踊りのバラエティーデュエット、セクシーアダジオ、異色歌と踊り、アダジオ、ソロダンサー、アクロバットソロなど。
いろんな見せ方があったんだなあ。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」トニー谷のページ [キャバレー]

2018-12-03T19:26:53.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号のフジプロダクションのページにはトニー谷さんが。
〈大評判の「トニー谷」〉〈ボードビル おいろけショウ クラブ・フロアへ積極的大進出!!〉〈どこのお店でも開店以来、初の超満員 記録破りの大入りと爆発的大人気!!〉。
日劇ミュージックホールがホームグラウンドだったトニーさんはフロア・ショーの雰囲気と相性が良かったのだろう。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」ロス・プリモスとケーシー高峰のページ [キャバレー]

2018-12-03T11:57:58.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の黒沢明とロス・プリモス、〈ケーシーのお色気漫談・医学講座〉ケーシー高峰のページ。
ロス・プリモスもケーシーさんも、キャバレーのフロア・ショーにピッタリだったろうな。

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】キャバレー業界専門誌「ショウ イン ジャパン」勝木プロダクションのページ [キャバレー]

2018-12-02T20:22:41.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の勝木プロダクションのページ。
所属タレントは、〝豪快〟乱れ太鼓の冨士川太郎と、金粉ダンストリオと金粉ダンスパッケージショウのエロス パンドラである。
おそらく、エロス パンドラは、暗黒舞踏グループやアングラ劇団の人たちが公演資金稼ぎのためにキャバレー回り用に組んだユニットだったのだろう。当時は、こうしたケースが多く、状況劇場時代の唐十郎さんや李麗仙さんも金粉ショウで全国のキャバレーを回っていたそうだ。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】キャバレー業界専門誌「ショウ イン ジャパン」東京制作室のページ [キャバレー]

2018-12-02T11:53:50.jpg2018-12-02T11:53:50.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の東京制作室のページ。
所属タレントは、〈セクシーデュエット〉ザ・エレクトラ、〈ブルーボーイと美女のセクシーデュエット〉青い関係…など。
面白そうだなあ。観てみたい!
フロア・ショーのあるキャバレーが絶滅しかけている今、こうした芸も消えつつあるのだ。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】昭和40年代前半の荻窪の民衆キャバレー「楽園」新開店のチラシ [キャバレー]

手元にある、荻窪北口駅前の民衆キャバレー「楽園」新開店のチラシ。
〈サラリーマンキャバレー誕生〉〈青年の皆さんから社長さんまで〉〈日本一お面白い! 腰が抜けるほど安い!〉〈開店3日間ビール1本50円のビックリサービス〉。
ショウタイムの出演者は森山加代子、丸山明宏、大下八郎、並木路子、松山恵子、島崎雪子、ポール牧とフレッシュコンビ、その他 ピンクヌード。
かなりの豪華メンバーだな。
丸山明宏から美輪明宏への改名が昭和46年(1971)、ポールさんが関武志さんと「コント・ラッキー7」を結成したのが昭和43年(1968)だから、このチラシは昭和41~42年頃の物か。
2018-07-02T20:30:33.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】岡山の国際観光社交場「富士」のチラシ [キャバレー]

手元にある、昭和40年の岡山・柳川の国際観光社交場「富士」の〝さくらまつり〟のチラシ。
3月1~3日は「ワンダフル! ミスター・トニー谷ショウ」。
〈ヌード界のトップクラスを一堂に集めて、くりひろげるお笑いと、お色気溢れるミュージックコメディの数々…〉。
出演は、トニー谷の他、御園リカ、星・美樹、青葉・ユカ。
4~6日がテイチクレコードの女性歌手「三界りえ子ヒットショウ」だ。
2018-06-01T21:35:57.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】小倉のキャバレー・シアター「メトロ」のショー・ガイド [キャバレー]

手元にある、昭和40年前後の小倉のキャバレー・シアター「メトロ」のショー・ガイド。
田端義夫、伊藤久男、三船浩などの歌手陣や軍国歌謡まつり〈帝国陸軍の軍服を着た名司会者〉八代英太の他、〈日舞ヌード〉中村千景、〈歌あり・踊りあり・ヌードありのバラエティショウ〉琴朱美・若草姉妹・京小夏などのヌード陣も出演している。
2018-05-28T11:44:17.jpg2018-05-28T11:44:17.jpg2018-05-28T11:44:17.jpg2018-05-28T11:44:17.jpg2018-05-28T11:44:17.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のキャバレー史コレクション】昭和40年前後の岡山のクラブ「うるわし」のショー・ガイド [キャバレー]

手元にある、昭和40年前後の12月の岡山のクラブ「うるわし」のショー・ガイド。
出演は、「柿の木坂の家」などの歌手 青木光一、松竹映画を中心に元祖美人グラマー女優として活躍した泉京子の他、〈浪曲歌謡ショウ〉東洋トリオ、〈ピンクショウと洋舞〉マミー時田・園佐知子、〈異色マジックショウ〉バード黒川、〈日・洋舞ショウ〉真砂さゆり・京みや子、〈アダジオと洋舞〉アフロキングとマヤ富士など。
デザインが可愛いな。
泉京子さんは浅草の「米久」の次女として生まれ、芸能界引退後に米久の大女将になられたとのことだ。
2018-05-27T21:28:26.jpg2018-05-27T21:28:26.jpg

nice!(1)  コメント(0)