SSブログ

【西条昇のストリップ史研究】90年代に活躍された元・踊り子の有賀美雪さんから

2023-05-29T13:29:04.jpg昨日は浅草駒太夫さんお別れ会にご一緒した元・踊り子の有賀美雪さんから現役時代のことやお母様の浜みゆきさんのステージなどについてのお話を伺い、当時の新聞・雑誌記事をお預かりしてきました。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のストリップ史研究】昨日は浅草駒太夫さんお別れ会へ

2023-05-29T13:06:24.jpg2023-05-29T13:06:24.jpg2023-05-29T13:06:24.jpg2023-05-29T13:06:24.jpg2023-05-29T13:06:24.jpg昨日5/28は昼12時から浅草の喫茶ベルで行われた浅草駒太夫さんお別れ会で、お焼香させて頂いてきました。
駒太夫さんお別れ会は本日29日と明日30日も昼12時から夜21時まで、駒太夫さんが経営されていた喫茶ベルで行われます。

nice!(0)  コメント(0) 

【西条昇メディア出演情報】本日のフジテレビ「イット!」直アタリで大学での卒論指導風景が放送予定

本日5/29(月)の夕方16時頃からフジテレビ「Live News イット!」の直アタリというコーナーで、西条ゼミ四年生の学業とアルバイトの両立の生活に密着した様子が放送され、大学で僕が卒論指導する場面も少し流されるそうです。
https://www.fujitv.co.jp/livenews_it/
nice!(0)  コメント(0) 

【西条昇のストリップ史研究】浅草駒太夫さんが葵比佐子と名乗っていた頃のチラシ

2023-05-27T19:04:05.jpg2023-05-27T19:04:05.jpg5月22日に亡くなられた浅草駒太夫さんが葵比佐子の芸名で出演していた「葵浮世絵入浴ショウ」のチラシ。昭和40年代前半の物か。
太夫元は当時の駒太夫さんのご主人で名伯楽の佐山淳。一座のトップの葵麻理(写真も)は数年後に浅草ロック座に移って同座専属の軽演劇役者である深見千三郎と結婚し、芸名を紀ノ川麻理(Netflix映画『浅草キッド』で鈴木保奈美さんが演じた麻里のモデル)と改めた。
麻理の穴を埋めるために佐山は葵比佐子に浅草駒太夫を名乗らせ、「葵浮世絵花魁ショウ」として再出発したのである。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のストリップ史研究】浅草駒太夫さんが表紙を飾った月刊「裸舞・らぶ」新年創刊号

2023-05-27T10:42:35.jpg2023-05-27T10:42:35.jpg5月22日に亡くなられた浅草駒太夫さんが花魁ショーの姿で表紙を飾った月刊「裸舞・らぶ」(芸報ジャーナル社)1975年の新年創刊号。〝裸舞・らぶ〟=〝THE STRIP TEASE OF LOVE〟。いいタイトルだな。
グラビア・ページにも駒太夫さんが登場。〈ストリップの女王・浅草駒太夫・素顔にかえる。家庭では良き妻であり、優しい母でありたいと言う。〉

nice!(0)  コメント(0) 

ストリップ御三家のお一人、浅草駒太夫さんが5月22日に亡くなられました

2023-05-25T23:25:55.jpg2023-05-25T23:25:55.jpg2023-05-25T23:25:55.jpg2023-05-25T23:25:55.jpg2023-05-25T23:25:55.jpg2023-05-25T23:25:55.jpg至芸とも言うべき〝花魁ショー〟を売り物に1970年前後には初代・一条さゆり、桐かおると共に〈ストリップ御三家〉の一人に数えられ、浅草で喫茶ベルを経営されていた浅草駒太夫(本名・斉藤久子)さんが令和5年5月22日15時33分に永眠されたとのこと。
駒太夫さんには僕が東洋館で主催した「フランス座を語る会」でゲストとして花魁ショーを披露して頂き、かつてフランス座での行水ショーで使用されていた盥と桶をお譲り頂いたこともあり、大変お世話になりました。心よりご冥福をお祈り致します。
5月28日~30日の昼12時~夜21時に、駒太夫さんが経営されていた浅草の喫茶ベルにて「浅草駒太夫お別れ会」が行われるとのことなので、ここにお知らせさせて頂きます。

喫茶ベル - 浅草(つくばEXP)/喫茶店 | 食べログ https://s.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13088599/

以下、ご遺族からお送り頂いた詳細です。

○浅草駒太夫お別れ会

○日程
令和5年5月28日〜30日

○時間
昼12時から夜21時までの3日間

○場所
東京都台東区浅草1-41-5
喫茶ベル(故人経営店舗)

○参加者条件
お気軽に私服等でご来場下さい。故人、浅草駒太夫を知る沢山のファンや関係者の方々にご焼香をお願い致したく天よりお礼を申し上げたい!そう願っておりました。よろしくお願いします。

○参加方法
小会場ですので混雑時は順番でご焼香となります。はなお献花や枕花等の大きな花は出来るだけ小さなモノにして頂くか?お手紙やお心等の小さい物にして頂けますようお願い申し上げます。また献花やお心の香典等をご持参の方は後日に返礼品をお返しを致します。当会場が小さい為に当日お返しが出来ません。御了承の上でご参列者時にご署名をお願いします。

○備考
また混雑時は生前に故人駒太夫と親交の深かった方やマスコミ関係者を優先する場合もございます。雨天は雨宿りする室内スペースはありませんので速やかにご焼香をお願いします。

人と人の縁に感謝!
喫茶ベル店主
浅草駒太夫家族一同

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇の喜劇史研究】「新劇」1975年6月号の〈特集・喜劇人〉

2023-05-22T21:06:32.jpg2023-05-22T21:06:32.jpg2023-05-22T21:06:32.jpg2023-05-22T21:06:32.jpg2023-05-22T21:06:32.jpg「新劇」(白水社)1975年6月号の〈特集・喜劇人〉。
小林信彦と小沢昭一の対談「喜劇人の多様性 戦後喜劇人史」、澤田隆治の連載「私説コメディアン史」の1回め、井上ひさし「てんぷくトリオのコント」台本、香川登志緒「てなもんや三度笠」台本、つかこうへいの随筆「私はコメディなど書いたことありません」など、充実のラインナップである。
もともと小林信彦の「日本の喜劇人」も「新劇」に連載されていたものであり、小学生の頃から同誌を愛読していた僕にとっては憧れの雑誌であり、いつか同誌で喜劇人について書くのが夢であったが、1992年の廃刊により叶うことはなかったのだ。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のお笑い日記】ぴろきさん、ねづっち、ナオユキさんによる三人会へ

2023-05-21T21:26:00.jpg2023-05-21T21:26:00.jpg今夜は学生有志と、ぴろきさん、ねづっち、ナオユキさんによる上野広小路亭での『漫談・巴選・三人会』へ。
三者三様のスタイルの漫談二席ずつを堪能してきました。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇の浅草飲み歩き】三社祭の行われている浅草の観音裏で

2023-05-20T02:45:32.jpg2023-05-20T02:45:32.jpg2023-05-20T02:45:32.jpg2023-05-20T02:45:32.jpg2023-05-20T02:45:32.jpg昨夜は三社祭が行われている浅草へ。水口食堂の後の二次会は観音裏のお店で色々なアテと共に「西條鶴」という広島のお酒を…(ちなみに僕の本名も西條です)。

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇メディア掲載情報】5/10(水)朝日新聞夕刊のストリップ特集3回めに解説コメント掲載

2023-05-10T17:00:47.jpg本日5/10(水)朝日新聞夕刊の連載「現場へ!」ストリップ特集「消えゆく光のもとで」3回め〈復員兵も夢中「額縁ショー」〉と題した記事に、私、西条昇による「額縁ショー」の生みの親である秦豊吉氏についての解説コメントが西条のロック座前での写真と共に掲載されました。

(現場へ!)消えゆく光のもとで:3 復員兵も夢中「額縁ショー」:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S15632989.html?iref=sp_ss_date_article

nice!(3)  コメント(0)