SSブログ

【西条昇のドリフターズ史研究】坂本九や井上ひろし在籍時のドリフターズの写真 [お笑い]

昭和33年(1958)頃の「井上ひろしとドリフターズ」の写真。
ギターの岸部清は前身の「サンズ・オブ・ドリフターズ」からのリーダーで、その頃は山下敬二郎も在籍。
岸部は脱退後にマネージャーに転身し、のちに第一プロダクションの社長となる。
ボーカルの井上ひろしは、水原弘、守屋浩と共に〈ロカビリー三人ひろし〉と言われ、ソロ歌手に転じて「雨に咲く花」がヒット。
同じくボーカルの坂本九は「ダニー飯田とパラダイスキング」に移籍してスターの仲間入りを果たしている。
ボーカルの桜井輝夫は岸部の脱退後もドリフターズに残ってリーダーとなり、その時代に、いかりや長介と加藤茶が加入。
やがて、いかりやと衝突した小野ヤスシ、ジャイアント吉田らが脱退して「ドンキーカルテット」を結成。
残ったいかりやと加藤に、荒井注、仲本工事、高木ブーが加わり、桜井はオーナー的な立場を経て身を引いたことで、いかりやをリーダーとしたドリフターズがスタートした。
〈ドリフに歴史あり〉だね。20181018_101108.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。