SSブログ

【西条昇の演芸史研究】昭和29年の戎橋松竹での二代目 桂春團治追善興行のプログラム [落語]

手元にある、昭和29年3月の戎橋松竹での二代目・桂春團治追善興行のプログラム。
出演は、福團治時代の三代目・桂春團治、枝鶴時代の六代目・笑福亭松鶴、漫才の光晴・夢若の他、東京から八代目・桂文楽、三代目・桂三木助、七代目・橘家圓蔵と、圓蔵の弟子の竹蔵(のちの八代目・橘家圓蔵)が出演。二代目・春團治を「関西の名人」と称えていた文楽は追悼文も寄せている。
戎橋松竹は、千日土地建物(のちの千土地興行、日本ドリーム観光)の経営の大阪・難波の演芸場として昭和22~32年まで大阪の演芸ファンに親しまれた。
2018-03-09T09:26:42.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。