SSブログ

【西条昇の演芸&バーレスク史研究】神港新聞の八千代劇場、新劇、寿座の新聞広告 [お笑い]

昭和27年の神港新聞の神戸の八千代劇場、新劇、寿座の新聞広告。
八千代劇場は漫才初午祭り。中田ダイマル・ラケットや漫才時代の芦屋雁之助・小雁(当時は芦乃家雁の助・小雁)、広沢駒蔵、トウロクショウ(横山ホットブラザーズの前身)ら。
新劇は古今東西エロ大会。J・フジオのバーレスク「続 肉蒲団」、ヌードフォリーズ「淫虐 延明院」、金粉ショウ「大江戸(おおえろ)五人男」、シバカンのショーボート「笑う海賊」、〈世紀の爆笑王!大活躍〉三遊亭柳枝劇団と、裸と笑いで盛りだくさん。
寿座は人間座「へそと雷」、東京新喜劇「7人の前科者」、朱里みさおとパルナスショウ「阿片窟の女たち」。朱里みさおは朱里エイコのお母さんだ。
うーん、どれも観たいな。
2018-01-04T02:31:12.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。