So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草芸能コレクション】九代目・團十郎らの錦絵「浅草公園に意浮立かっぽれ節」 [浅草六区]

手元にある、錦絵「浅草公園に意浮立(こころうきたつ)かっぽれ節」。
明治19年(1886年)1月の新富座で演じられた「初霞空住吉(はつがすみそらもすみよし)」を豊原國周が描いたものだ。
初代・豊年斎梅坊主一座のかっぽれをはじめとする住吉踊りの人気を受けて、九代目・市川團十郎が梅坊主からかっぽれを習い、歌舞伎舞踊化。
浅草を舞台に、かっぽれ升坊主の團十郎と、かっぽれ島蔵の初代・市川左團次による掛け合いが人気を呼んだとか。
他に、かっぽれ海老八を八代目・市川海老蔵、かっぽれ鶴松を市川鶴蔵、かっぽれ高吉を市川小團次、芸者小むらを「田圃の太夫」こと沢村源之助が演じた。
20160224_212022.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0