SSブログ

【西条昇の浅草芸能日記&食べ歩き】ビートたけしが浅草の修業時代に食べた一八の天ぷらそば [浅草六区]

旧・浅草オペラ館跡の少し前までながさわ洋服店のあったところとイシイの甘栗(以前はオペラ靴店)の間の細い路地を入ってすぐの左側にある立ち食いそばの一八で、天ぷらそばを。
ここは、目とはなの先の距離にある浅草演芸ホールのビルの4階にあったストリップ劇場のフランス座(現在は東洋館)のエレベーダーボーイからの幕間コメディアンとして修業していた頃のビートたけし(当時の芸名は北千太)が、仕事の合間に通ったことでも知られ、たけしの浅草時代を描いた自伝的小説「浅草キッド」にも〈昼はオペラ靴屋の裏の「一八」という立ち食い蕎麦の一杯百円のてんぷら蕎麦で凌ぎ〉とある。
昭和40年代の終わりに一杯百円だった天ぷらそばは、現在は一杯4百円になっていた。
20151219_204310.jpg20151219_204118.jpg20151219_204237.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0