SSブログ

【西条昇の浅草文学散歩&食べ歩き】浅草「元祖 釜めし春」と高見順 [浅草六区]

浅草の「元祖 釜めし春」で10月~3月頃限定のかき釜めし1080円を。
高見順の「如何なる星の下に」には主人公の倉橋がお気に入りのK劇場の踊り子の小柳雅子らと釜めしを食べに行く場面があり、「日本の文学 高見順」の「如何なる星の下に」の参考地図(昭和13~14年)にも現在の釜めし春の場所に「釜めし」との表記があることから、実際に高見順が東京花月劇場の「吉本ショウ」の踊り子の立木雅子らとここに来たことがあったのだろう。
当時は「ぺん吸」こと「はんぺんの吸い物」がメニューにあったようだが、今はないので、なめこ赤だし330円を頼んだ。
20151207_172053.jpg20151207_172107.jpg20151207_172124.jpg20151207_172150.jpg20151207_172232.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0