SSブログ

【西条昇の喜劇コレクション】金語楼劇団にエンタツ、アチャコ、三亀松、石田一松が特別出演した公演パンフ

柳家金語楼劇団に横山エンタツ、花菱アチャコ、柳家三亀松、石田一松が特別出演した昭和16年7月の北野劇場公演パンフを入手。
にしても超豪華なメンバーだな。
まさに当時の吉本のビッグ5。
ここに川田義雄(晴久)が加わったらビッグ6ということになったろう。
当時の金語楼劇団には、江利チエミの母親である谷崎歳子、浅草オペラ出身の町田金嶺、戦後の黒澤映画に良く出ていた大村千吉らが居た。
ビッグ5が揃う演目は「明朗五人男」。
演出はカジノフォーリー出身で戦後は浅草ロック座の支配人となった仲澤清太郎。
絶対に面白かっただろうな。
戦後に東京吉本で金語楼先生のマネージャーだった日吉さん、江利チエミのマネージャーだった熊倉さんには、僕が十代の頃にいろいろお世話になり、当時の話を聞かせていただいた。
131224_115138.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0